上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『「芸術テロリスト」今度は大英博物館にニセ壁画

 【ロンドン=土生修一】今年3月、メトロポリタン美術館などニューヨークの4つの美術館に自作を勝手に展示した英国人画家「バンクシー」が、今度は、大英博物館に、古代人がスーパーマーケットのカートを押しているニセモノ壁画をこっそり展示した。

 この壁画は、「狩りに出かける古代人」の題で、今月16日に「古代ローマの英国」展示室に許可なく置かれ、18日まで3日間、だれにも気づかれずに展示されていた。

 大英博物館スポークスマンは「他の展示品と調和していた。タイトルの付け方も本物そっくり」と、“見事”な手口に脱帽のコメント。

 「芸術テロリスト」と呼ばれる「バンクシー」の事務所は本紙に対し、「大英博物館が私の作品を常設展示すれば、壁画の面白さがわかってもらえるはず」と本人の声明を伝えた。
(読売新聞) - 5月21日2時3分更新  (Yahoo!ニュースより)』



作品がかなり面白いです。
ニュースに出ている「狩りに出かける古代人」、是非見てください。
自分笑いましたw


http://www.banksy.co.uk/
(indoorsのpage4)

他の絵も面白いです。outdoorsのpage3とpage6が凄い好き。
indoorsのpage1とpage6とpage8も好きです。
TESCO行きてぇーーー(笑)
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


      今年3月、メトロポリタン美術館などニューヨークの4つの美術館に自作を勝手に展示した英国人画家「バンクシー」が、今度は、大英博物館に、古代人がスーパーマーケットのカートを押しているニセモノ壁画をこっそり展示した。 この壁画は、「狩りに出かける古 弐代目・青い日記帳【2005/05/25 20:15】
もういっちょ。刑務所の「壁にアート」を作成。巷では「GRAFFITI=落書き(いたずら描き)」とか、呼ばれている。[ Writing Graffiti is about the most honest way you can be an artist ]    by Banksy「Banksy 」っていう、UKアーティストがいるんだけど 粋なECOアートの発信地【2005/05/29 15:48】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 にっき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。