上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日ついに英語に対しての怒りが爆発というか、ブチ切れたと言うか、混乱と恐怖で泣きそうでした。

高校の時は休みの日を抜かせば英語を聞かない日はありませんでした。
何だかんだ言いつつ、英語キライじゃありませんでした。
むしろ勉強じゃなければ純粋に好きでした。

だが、こんなの勉強じゃなくても英語だなんてみとめらんねえ・・・!
ピリオドごとに生徒によって訳されていく英語の羅列。まるで朗読の授業だ。(しかも教科書の内容がくだらねえ)
酷い時には(いつもだがw)復習と称し、再び読み始める。しかも勝手に自分(先生)で。
「リスニングはまとめて後で~。」じゃねえ。やれ。さっさとやれ。
貴様の発音じゃ勉強にならない。
それより貴様はよほど翻訳がお好きらしいが、そんな文字上のやり取りより言葉と言葉のやり取りの方が重要なんだよ。話せなきゃ実用的じゃないだろ。
何が発音なんて「日本英語でいい」だ。何が「簡単な言葉でやり取りすればいいんだよ」だ。ふざけやがって。本当にアメリカ行ってたんかい。

んで怒ってから、どんどん融けて流れて消えていく今までの英語の知識と楽しさに、恐怖して、動悸が激しくなって、泣きそうになってました。
そして無駄な時間に再び嫌気がさして、シャーペンを力いっぱい握り締めたり、爪鳴らしたり(うるさくてごめん。大概何か音がしてたら、私が切れてる所為と思ってくれ。)ものすごく嫌さ加減を表情に表してみたりしてました。

THE☆無駄な抵抗。
わかってるよ、そんなの。

来年もあれだと思うと、気が重い。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 にっき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。